贈与について

贈与とは?

 贈与とは、人に無償で財産をあげることです。

財産をあげる側を「贈与者」、財産をもらう側を

「受贈者」といいます。

isan_souzoku2.png

 贈与は贈与者と受贈者の「契約」です。ですから、

贈与者が一方的にあげると言っても、受贈者がそ

れを承諾しなければ、贈与は成立しません。贈与は、

書面(契約書)でなく口約束でも成立します。口約束

の場合は、実際に贈与がなされるまでは取り消すこ

とができますが、書面でした贈与は、簡単に取り

消すことはできません。

 

 贈与には、生きているうちに財産を譲る「生前贈与」、贈与者が死んだことを

条件として贈与をする「死因贈与」があります。死因贈与については、遺言よる

贈与である遺贈」と区別する必要があります。

 

 死因贈与と遺贈は、人の死亡を原因として財産が移転するという点では似てい

ますが、死因贈与が生前の契約であり、贈与者が贈与するという意思を示し、

受贈者がそれを承諾することが必要であるのに対して、遺贈は相手の同意を

得ないで行うという点で異なります。なお死因贈与・遺贈の場合、相続税が課せ

られます。

 

 生前贈与の場合、個人から個人への財産の贈与については、受贈者に贈与税

が課税されます。個人から個人への財産の贈与の中には、親子間、夫婦間で贈与する

場合も含まれます。法人から個人への贈与の場合は、贈与税ではなく受贈者が当該

法人の役員、従業員等であれば給与所得、それ以外の場合は一時所得として所得税

が課されます。

 

 

   ▼▼無料相談・お見積・ご依頼はこちら▼▼  
  フリーダイアルアイコン2.jpg0120-1717-79
            受付時間 : 9:00〜20:00(平日・土曜日)