贈与税が課せられる財産

贈与税が課せられる財産

贈与税が課せられる財産には、「本来の財産」、「みなし贈与財産」があります。

「本来の財産」とは、現金・預貯金や土地・建物などの不動産ですが、ここで注意

しなければならないのは「みなし贈与財産」です。贈与したつもりはなくても贈与と

みなされて、思わぬところで贈与税を課せられてしまうことがあります。

 

「みなし贈与財産」として課税される場合には以下のようなケースがあります。

@借金の免除・肩代わりをしてもらった場合

 借金の返済を免除してもらったり、肩代わりしてもらった場合などには、その

 免除や肩代わりしてもらった金額が贈与されたものとみなされて贈与税がか

 かります。

A低額譲渡された場合

 財産を時価よりも著しい低価額で売買した場合、安く売ってもらった方が

 時価と売買価額との差額を売った人から贈与されたものとみなされて贈

 与税がかかります。

B他の人が掛け金を負担した郵便年金や個人年金保険などの定期給付契約

 に関する権利の給付を受けた場合

 定期金の給付を受ける権利を贈与された とみなされて、贈与税がかかり

 ます。

C他の人が保険料を負担していた生命保険金などを受け取った場合

 保険金を贈与されたとみなされて、贈与税がかかります。

D親族間の借金

 親族間などで借金をする場合は、金銭消費貸借契約書等を作成し、

 返済期間、返済方法、担保、利息などを取り決め、借りる人の収入に

 見合った返済計画を定めておくとともに、銀行振込みの控えなど返済の

 事実を裏付ける客観的証拠を残しておかなければ、贈与とみなされて

 贈与税がかかります。

 

    ▼▼無料相談・お見積・ご依頼はこちら▼▼  
  フリーダイアルアイコン2.jpg0120-1717-79
            受付時間 : 9:00〜20:00(平日・土曜日)