贈与税の計算

贈与税の計算について

 贈与税は暦年単位(1月1日〜12月31日)で課税されます。暦年課税による
贈与では、贈与税は1月1日から12月31日の1年間に贈与された財産の
合計額(課税価格)に課税されます。贈与税の課税価格は、財産を贈与された日
の時価で評価されます。

 

 また、受贈者1人につき年間110万円の基礎控除があります。贈与税は
課税価格からこの基礎控除額110万円を引いた額に贈与税の税率を
かけて計算します。

 

 税制改正により、平成27年1月1日以降の贈与に関し、 贈与税の税率
構造が変わりました。直系尊属(父母や祖父母等)から贈与を受けた受贈
者(贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の者に限る)については
「特例税率」を適用し 、特例税率の適用がない贈与には「一般税率」
を適用します。

◎直系尊属(祖父母や父母など)から、贈与を受けた年の1月1日において
 20歳以上の
(子・孫など)への贈与の場合→特例
 

◎特例税率に該当しない贈与の場合(兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親か
ら子への贈与で子が未成年者の場合など)→一般税率

 

贈与税の速算表 

改正前  

基礎控除後の課税価格    税率 控除額
200万円以下 10%  ―――
200万円超300万円以下 15%  10万円 
300万円超400万円以下 20% 25万円 
400万円超600万円以下 30% 65万円
600万円超1,000万円以下 40%  125万円 
1,000万円超 50% 225万円


改正後(一般税率) 

基礎控除後の課税価格    税率 控除額
200万円以下 10%  ―――
200万円超300万円以下 15%  10万円 
300万円超400万円以下 20% 25万円 
400万円超600万円以下 30% 65万円
600万円超1,000万円以下 40%  125万円 
1,000万円超1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円


改正後(特例税率)

基礎控除後の課税価格    税率 控除額
200万円以下 10%  ―――
200万円超400万円以下 15%  10万円 
400万円超600万円以下 20% 30万円 
600万円超1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超1,500万円以下 40%  190万円 
1,500万円超3,000万円以下 45% 265万円
3,000万円超4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

        

贈与税の計算例

 特例税率の適用がある財産のことを「特例贈与財産」と言い、特例
税率の適用がない財産のことを「一般贈与財産」と言います。

 税率は、取得した財産に応じて、一般贈与財産には一般税率を、特
例贈与財産には特例税率を適用します。 

 基礎控除後の課税価格×税率-控除額=税額 


 ○20歳の者が父より特例贈与財産200万円と兄より一般贈与
財産400万円(計600万円)を取得した場合。

  600万円-110万円=490万円(基礎控除後の課税価格)

  ・特例贈与財産に対応する金額:(490万×20%−30万円)
                       ×(200万円/600万円)=約23万円・・・@

  ・一般贈与財産に対応する金額:(490万円×30%−65万円)
                       ×(400万円/600万円)=約55万円・・・A

  @+A=約78万円(贈与税額)
 

配偶者控除

  暦年課税による贈与では年間110万円の基礎控除額以上の財産を受けると
 贈与税がかかりますが、110万円以上の財産を受けた場合でも、贈与税が
 かからない場合があります。それが贈与税の「配偶者控除」です。

  配偶者控除とは、20年以上婚姻関係にある夫婦が、自ら居住するための
 不動産の贈与または居住用不動産取得のための金銭の贈与をする場合
 認められるもので、同一夫婦に1度だけ認められます。
 

 詳しい条件は以下のとおりです。

@夫婦の婚姻期間が20年を経過した後に贈与が行われたこと

A贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は

 居住用不動産を取得するための金銭であること 

B贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した居住用

 不動産又は贈与を受けた金銭で取得した居住用不動産に住み、その後

 も引き続き住む見込みであること。

 C以前に配偶者控除を受けていないこと

  贈与税の配偶者控除では基礎控除110万円の他に最高2,000万円
 の控除が受けられ、それを超える部分に贈与税が課税されます。
 贈与が2,000万円を超えない場合、他の財産の贈与について110万円
 の基礎控除が受けられます。この控除を受けるには必要書類を用意し、
 贈与税の申告をする必要があります。

 

   ▼▼無料相談・お見積・ご依頼はこちら▼▼  
  フリーダイアルアイコン2.jpg0120-1717-79
            受付時間 : 9:00〜20:00(平日・土曜日)